×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アメリカン ギャングスター のあらすじ、

 まず、タイトルのアメリカンギャングスターの「スター」は「ギャングの有名人」という意味ではなくて、gangster1語
で悪党であり 日本風に直すと「ヤクザ」の意になります。
 では、{アメリカン・ギャングスター}のストーリーは、1968年ニューヨーク暗黒街のドン、ボンビージョンソンの亡
き後に組織を受け継いだフランクは、今までの慣例を破りブローカーを通さずに、直接買付けることによって、少
しでもよい品質でより安くでドラッグを"流通させするというビジネスを成功させ、それを機に一気に麻薬王に上り
詰める
その一方で法曹を目指しながら職務に励む警察の異端児リッチーは麻薬に事件によって同僚を奪われてしまう。
麻薬王として、優雅に振舞うフランクと、私生活でも仕事場でももがき苦しみながら生きているリッチーの対比が
生々しいです。これほどクオリティの高い作品に最近は滅多にお目にかかれないですし、ハードボイルドな男の
生き様にシビれたい人も必見!

スポンサードリンク

アメリカン ギャングスターの主なキャスト、

 監督はリドリー・スコット。 マーク・ジェイコブソンが雑誌
「New York」に書いた記事「The Return of Superfly」を題
材とし、60年代から70年代にかけてハーレムで麻薬王で
最も強敵として暗躍した人物をアメリカの」法務官がどの
ように逮捕したのかという事実に基づいた実録映画である。
脚本は「シンドラーのリスト」のスティーヴ・ザイリアンが
脚本も書いている。
製作人としては、プロデューサーにブライアン・グレーザー
エグゼクティヴ・プロデューサーには、G・マック・バロン、
ニック・プレッジが名を連ねている。
麻薬王フランク・ルーカスをデンゼル・ワシントンがその
人物像を見据えて完全な汚れ役として演じきる。
リッチー役はラッセル・クロウ。不器用な男を地でいくよ
うにナチュラルに演じている。
 映画のスパイスとなっているのが、フランクに賄賂を
要求したり、リッチーの捜査妨害をしたりと、悪徳の限り
を尽くす刑事トルーポ。ジョシュ・ブローリン演じる彼の
存在が、作品に深みを与えている。

アメリカン・ギャングスターの曲教えて

 映画「アメリカン ギャングスター 」の予告編で使われている
主題歌の曲名とアーティスト名は、サントラ収録の「Across
The 110th Street / Bobby Womack」と、の「Ain't No Love
In The Heart Of The City/Bobby "Blue" Bland」になります。
この作品に流れるサウンドトラックはキング・オブHip Hopの
Jay-Zがインスパイアされ制作。全米初登場ビルボード第
2位を飾り、40万枚を販売している。
劇中で印象的に使用されているボビー・ウーマックが歌う
「Across 110th Street」や、デフジャム・クラシックスの一つ、
パブリック・エネミーの「キャン・トラス・イット」、ステイプル
・シンガーズやサム&デイヴらのクラシック、ハンク・ショ
ックリーとマーク・ストライテンフェルドによるスコア、そして
アンソニー・ハミルトンの新曲(!)を収録した、70'sソウル
の香りがふんだんに宿された聴き応え満点の一枚です。

Copyright © 2007 アメリカン ギャングスターの魅力